未分類

ビジネスシーンはもちろんカジュアルにも!男なら一度は履きたいドレスシューズブランド21選

Pocket

ビジネスシーンにはレザーシューズは欠かせませんよね。

ですがビジネスシーンでイケてるドレスシューズを履いている方はなかなか少ないもの。

せっかくならこだわりのシューズをチョイスして周りと差をつけたいところです。

今回はビジネスシーンはもちろん、カジュアルシーンでも大活躍間違いのないオススメのドレスシューズブランドをご紹介します!

一度は履きたい!男をアゲる最高のドレスシューズ

EDWARD GREEN(エドワード グリーン)

出典:http://urx.red/FIhf

1890年創業の老舗英国靴ブランド。

エドワード・グリーンがイギリス、ノーサンプトンで設立しました。

名作と呼ばれる木型、モデルが多数あり、名実ともに世界最高峰ブランド。靴好きを魅了する見た目の美しさに加え、はきこむほど足に馴染み、自分だけにフィットした着用感が楽しめます。

洗練されたブリティッシュテイストを妥協なき最高級の品質で体現している数少ないブランドの一つで、素材には最高級のカーフスキンが使用されています。

オリジナルで開発したブラウンのアンティーク加工の美しさも特徴の一つです。

日本ではドーヴァー、チェルシーなどが人気モデル。

多くのイギリスのビスポークブランドのようにグッドイヤーウェルト製法を採用しており、接地面がダブル、土踏まずがシングルのダブルソール(スペードソール)が多く存在します。

CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)

出典:http://urx.red/FIhj

英国靴の聖地であるノーザンプトン発祥のシューブランド。

創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手技から生まれるその靴は、美しさはもとより、 足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想の逸品。

120年間かわることのない、その伝統の靴作りの哲学は現在でも受け継がれ、 イギリスでも最も優れたメーカーとしての地位を誇っています。

F.LLI GIACOMETTI(フラテッリ ジャコメッティ)

出典:http://urx.red/FIhl

イタリア北部のベネト地方に唯一残る1890年代創業のブランド。

革靴ながらトレンド要素を取り入れた、アレンジの効いたデザインで靴好きから絶大な支持を集めています。

ハンドソーングッドイヤーで作られる確かな品質のシューズは、着用感のよさも魅力の一つ。深みのあるグラデーションカラーがアクセントにも効果的です。

ノルベジェーゼ製法のステッチがのぞくコマンドソールで存在感抜群の仕上がりに。

PARABOOT(パラブーツ)

出典:http://zozo.jp/shop/beams/goods/12807775/?did=28798631

フランスに居を構えるParaboot社は1919年からリシャールポンペールファミリー三代に渡って受け継がれている伝統的なレザーシューズメーカー。

靴職人レミー・リシャールポンペールが、アメリカ滞在中に出会った天然ラテックスの使用によるラバーソールの製法を取得した事が始まりと言われています。

パラブーツは設立当初から変わらぬ伝統的な製造方法がとられており、150以上もの工程の手作業によって作られているハンドメイド製品。ノルウェジャン製法とグッドイヤー製法を主体としたテクニックや、自社で製造する独自のラバーソールに定評がある、世界で唯一のレザーシューズメーカーです。

junhashimoto(ジュンハシモト)

出典:http://zozo.jp/shop/junhashimoto/goods/21573066/?did=41058155

デザイナーは、橋本淳。

1992年、地元徳島のセレクトショップにてアメリカ古着からヨーロッパのインポート物までを仕入、販売し、1996年レクレルール日本一号店にてバイヤーを務める。

タンの裏に当て布をしシューズ内での足の滑りを防ぎ、グリップ性に優れるヴィブラムを採用し太番手の糸でガッチリ固定、羽根には3本ステッチで強度の高い仕上がり。

本体のタフさだけではなく、シューズ内外のグリップ性も高いから動きやすく、履きやすい。繊細なディティールにも関わらずこだわり抜かれたデザインがタフな動きやすさを実現してくれます。

LUDWIG REITER(ルーディック ライター)

出典:http://urx.red/FIhq

1885年に、オーストリアのウィーンで、ルーディックライターが創業。当時のオーストリア、ハンガリー帝国の王宮警備隊にgoodyear welted製法のカスタムメイド靴を供給することからブランドの歴史がスタート。

グッドイヤーウェルテッド方式でのシューズを中心に上質なレザーグッズを展開し、本物志向の方々に支持されている同ブランドのシューズは、ウィーン有数のレザーブランドとなっています。

WILLIAM KLEIN(ウィリアム クライン)

出典:http://urx.red/FIhr

イタリア ナポリ発祥のシューズブランド。

艶やかなハンドフィニッシュなど、細かい部分まで精緻に仕上げられたクオリティとコストパフォーマンスの高さが強く支持されています。

イタリアらしいロングノーズがスマートなスーツスタイルに最適です。

Enzo Bonafe(エンツォ ボナフェ)

出典:http://urx.red/FIhs

1963年に創立されたブランド。

創業者のエンツォボナフェ氏は、1963年に自らの名前をブランド名して靴作りを開始するまでの間はイタリアの有名な靴メーカーのひとつであるア・テストーニで靴作りの修行と経験を積んだ実力者。小規模な靴工房ながらクオリティに細かく気を配り、職人芸を実現し保ち続けています。

CARMINA(カルミナ)

出典:http://zozo.jp/shop/unitedarrows/goods/21619073/?did=41127890

1998年、スペインにてホセ・アルバラデホ氏が設立したブランド。

氏の家系は、スペインのマヨルカにて、19世紀から靴の製造を続けるメーカー。20世紀中ごろまで「Sanson’s」というブランドを運営していました。

その中でホセは、1961年、高級靴ブランドであるYANKO(ヤンコ)を創立し、80年代には100万足の靴を生産。靴製造のビジネスを飛躍的に成長させ、スペインのビスポーク靴のレベルを飛躍的に高める役を担いました。

90年代に入り、よりクオリティの高いシューズを作りたいと考え、YANKOを離れ、同ブランドを設立、新たなシーンを牽引しています。

Allen Edmonds(アレン エドモンズ)

出典:http://zozo.jp/shop/ships/goods/4050702/?did=13814059

「世界で一番豪華で履き心地のいい、手作りの靴をつくりたい」という理想をもとに、1922年にアメリカのウィスコンシン州でエルバート・W・アレンが創業したブランド。

釘を使わず、硬い鉄のシャンクも使わないため、足に合わせて曲がる靴がアメリカの紳士に愛されたことで、その名が世界に広まりました。

米国大統領や、ハリウッドスター、世界中のエグゼクティブが顧客として名を連ねる米国を代表する紳士靴ブランドといえます。

アメリカらしいデザインと、ベーシックな表情が魅力的。

MAX VERRE(マックス ヴェッレ)

出典:http://urx.red/FIhy

数々のシューズブランドやメゾンブランドの靴を手掛けたMAX VERRE氏が2001年に立ち上げたイタリアシューズブランド。

マッケイ製法ながら限界まで絞り込まれたウエストにより、セクシーに表現されたクラシックな定番アイテムは唯一無二の存在感を放ちます。

デザイン性の高さやクオリティにより、イタリアシューズデザインの重鎮としての地位を築き上げています。

ALDEN(オールデン)

出典:http://urx.red/FIhz

1884年アメリカ・マサチューセッツ州ミドルボロウにおいてカスタムシューメーカーとしてスタートしたアメリカ屈指の老舗シューメーカーであり、アメリカントラディショナルスタイルをリードしてきた最高峰ブランドです。

オールデンと言えば、シェルコードバンとモディファイドラストが有名です。モディファイドラストは土踏まずを感触よく圧迫してくれる独特の木型で、他ブランドには真似できないとまで言われています。靴の甲部に使用されるシェルコードバンは最高品質の素材を使用しています。

主にグッドイヤーウェルト製法作られ、1足の生産日数には3週間をかけていることからもこだわりの強さが見て取れます。

シェルコードバン、ベジタン、アニリン仕上げのカーフ(子牛の革)など、世界中から集めた最高品質の素材をアッパー・レザーに使用、足のタイプにも適応力のあるラスト(木型)が特徴的。

伝統的な靴作りを貫きながらも、新しい素材や木型等も常に開発しており、現代も進化し続けています。

ROGER(ロジャー)

出典:http://urx.red/FIhB

イタリア、ナポリ発シューブランド。

名だたるブランドのシューズを手掛けたファクトリーの確かな物づくりに、モダンなエッセンスを加えた注目ブランドです。

2017年春夏コレクションは、ナポリのフィルターを通した英国的なアプローチによるラインナップが楽しめます。クラシックスーツにはもちろん、デザイナーズに合わせてもスタイリッシュに決まります。

甲・幅共にサイズが大きめなのが特徴です。

Tricker’s(トリッカーズ)

出典:http://zozo.jp/shop/1piu1uguale3/goods/4274559/?did=14250467

「Royal Warrant(英国王室御用達)」の称号を持つ1829年創業老舗革靴ブランド。

最高級の素材のみを用いた靴は造りは堅牢なグッドイヤーウェルト製法を採用しており、その屈強さと丈夫さは「質実剛健」と称されます。

ひとりの職人が製靴の最初から最後までの工程を受け持つベンチメイドで厳格なまでに丁寧に作り上げるこのシューズは履くほどに足に馴染み、自分に合った一足に成長していきます。

トリッカーズと言えばカントリーブーツが有名ですが、ビジネスシューズにも定評があります。

JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)

出典:http://zozo.jp/shop/greenlabel/goods/5740589/?did=30925631

グットイヤー・ウェルト・シューズの生産地として名高い英国ノーザンプトン州の郊外、デスバラーで設立されたブランド。

伝統的な英国グッドイヤー・ウェルト・シューズ界に全く新しい感覚とトレンドを吹き込みつつあるメーカーとして、大きく注目を集めています。

SATTO & SILVA(サットーアンドシルヴァ)

出典:http://urx.red/FIhI

十数年にわたり、有名セレクトショップなどのオリジナルシューズを手掛けてきた Satto 氏と幼少期から親の経営するファクトリーで無数のシューズたちに触れて育った Silva氏による、テクニカルシューズブランドから、晴れの日にも雨の日にもストレスなく使用できるドレスシューズ。

何度も試行錯誤を重ね、 機能性と履き心地を追求した、 これまでに無いプロダクションです。

機能性だけにフォーカスしていたこれまでのシューズとは異なり、スタイリッシュでエレガントなデザインを優先に、突然の雨にも負けない耐水性機能をプラス。

通気性に優れたシューズは衝撃吸収インソールを搭載しており、日常的に履くことで足の疲れを軽減、雨の日には耐水性機能が発揮される二つの顔を楽しむことができます。

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)

出典:http://zozo.jp/shop/greenlabel/goods/16328848/?did=34073873

靴の聖地であるイギリスでの修行経験と皮革生産の最高峰であるフランスでの現オーナーのコネクションを最大に生かしたインドネシアのレザーシューズブランドです。

製法はハンドウェルテッド・グッドイヤー、すくい縫いまでを手縫いで行い、最後のアウトソールのみ機械で縫う「九分仕立て」によるフレキシブルでしなやかな履き心地が特徴。

アッパーや底材の素材にもこだわり抜いた世界のトップシューズブランドにも引けを取らない質の高い製品にも関わらず、驚きのコストパフォーマンスの高さを誇ります。

Church’s(チャーチ)

出典:http://zozo.jp/shop/britishmade/goods/7451455/?did=20295984

靴造りの町として有名なノーザンプトンのメープル ストリート30番地に1873年、小さな工房を開いたのが始まりです。

現在でも、チャーチはクロムウェルのピューリタン革命時代からの靴造りと密接な関係がある町ノーザンプトンで靴を造り続けています。

グッドイヤー ウェルト製法の紳士靴を造る単体の工場としてヨーロッパ最大の規模を誇るブランドです。

チャーチのドレスシューズの定番である「LAST73」のトゥシェイプを受け継ぎながら現代人の足型を考え進化、角ばりすぎず、丸すぎないバランスの良いつま先が特徴の上品でクラシックなイメージを演出します。

DOUCALS(デュカルス)

出典:http://urx.red/FIhJ

1972年、イタリア中部に位置するマルケ州にて創業。

革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げと製靴の全工程を手掛ける自社一貫生産にこだわり、厳格なクオリティーコントロールを堅持している紳士靴専業メーカーです。

アンティーク加工やエンボス加工など、多彩な加工技術を誇り、クラシックラインをメインとしながらも、時代性を上手く取り入れたモードテイストのコレクションも展開しています。

ボリュームのあるトウとストームウェルト製法によるアメリカンスタイルのプレーントウシューズは、 重厚な見た目とは対照的に軽くて履きやすいライニングなしの仕様は、イタリアブランドならではのアレンジ。

トレンドと履き心地、そしてコストパフォーマンスを兼ね備えた1足です。

Caulaincourt(コーランクール)

出典:http://urx.red/FIhK

2006年、ディレクターAlexis Lafont(アレクシー ラフォン)氏により創業されたフランスのシューズブランド。

ブランドポリシーは、ラグジュアリーではなくクラフツマンシップとマーケットファースト。

英国でもイタリアでもないフランス色が存分に楽しめるシューズです。

ブレーク、ダブルブレーク、ボロネーゼ、ダブルボロネーゼ、グッドイヤーウェルテッド、ノルウィージャンウエルテッドといった製法をシーズンやスタイリングに合わせて使い分けています。

HIROSHI TSUBOUCHI(ヒロシツボウチ)

出典:http://zozo.jp/shop/edifice/goods/23037561/?did=43079114

坪内浩氏が2008年に創立した日本のシューズブランド。

靴の企画、デザイン、バイイングまで手掛け、トラッドなデザインをベースにしながらも現代的で遊び心のあるシューズが特徴です。

日本生産への拘りと、堅牢なグッドイヤーウェルト製法やカジュアルなステッチダウン製法を使い分け、上質なシューズを展開しています。

クッション性の優れたクレープソールは、シックな表情を演出しつつも履き心地は柔らか。ジャパンメイドによるクオリティの高さもポイントです。

レザーシューズを楽しむために覚えておきたい5つの製法

前章までではオススメのブランドをご紹介してきました。

なんだか聞き覚えのない単語がたくさん出てきた印象を持たれた方も多いのではないでしょうか?

シューズには様々な作り方があり、それぞれに特徴があります。

ビジネスシーンで活躍する靴においては、以下でご紹介する5つの製法が基本になってきます。

ぜひ覚えておきましょう。

グッドイヤーウェルト式製法(Goodyear Welted Construction)

出典:http://www.regal.co.jp/kutsu/material

高級紳士靴の代名詞にもなった伝統的な製法で、重厚感あふれる堅牢な作りが特長です。

型くずれせず履き込むほどに足になじみ、表底の取り替えや半張り修理が何回もできるので愛用の靴を一までも履き継ぐことができます。

また一足の靴が仕上がるまでに、高度な技術と丹念な工程が求められることでも知られます。

マッケイ式製法(McKay Construction)

出典:http://www.regal.co.jp/kutsu/material

1860年代からアメリカやイギリスで広がった製法で、日本では明治30年頃に導入されました。

構造がシンプルで軽量なため、表底の工夫次第で返りの良い履きやすい靴作りが可能です。

ただ底の縫い目から水が染み込むことがあるので、履き方や手入れなどを丁寧に行う必要があります。

ステッチダウン式製法(Stitch-down Construction)

出典:http://www.regal.co.jp/kutsu/material

裏革の無い場合は甲革を外側につり込み、表底に張り付けて周辺を出逢い糸で縫製。裏革がある場合は、裏は内側につり込み、甲革を外につり込んで縫製する製法です。

軽量に仕上がり、屈曲性も高くソフトで軽快な履き心地が得られることから、カジュアルシューズなどで特に多く用いられています。

セメント式製法(Cemented Construction)

出典:http://www.regal.co.jp/kutsu/material

中底を靴型に仮止めした後につり込み、甲革と表底を起毛して接着剤を塗り、プレスにかけて熱圧着する製法。

甲革と底材を縫いつけないのでつくりに制約が少なく、より繊細なフォルムが形成できます。

ダイレクトバルカナイズ式製法(Injection molding Construction)

出典:http://www.regal.co.jp/kutsu/material

アッパーに中底をつけるまでは他の製法と同じです。

まず、袋状になったアッパーに金足型を入れ、ソール部の左右と底を金型で囲みます。その後、この中底と金型で囲まれた空間に未加硫ゴム片を入れ、加熱加圧してゴムを溶かし、成形しながらアッパーに固着させるという作り。

大変堅牢な底付け法で、耐水性にも優れています。

まとめ

今回はオススメのドレスシューズブランドをご紹介していきました。

ぜひお気に入りの一足を見つけて、イケてる足元を演出してくださいね!

Pocket

ピックアップ記事

  1. 手荒れケアに欠かせない上質なハンドクリーム おすすめ12選
  2. 【至福の時間】疲れた体を癒す上質なアロマキャンドルおすすめ15選
  3. 【必見】UNIQLO(ユニクロ) のメンズチェスターコートコーデ12選
  4. 激安で手に入るコンバースのおすすめスニーカー11選!
  5. 【メンズ】オペラシューズのおすすめコーデ&人気ブランド7選

関連記事

  1. ハンドクリーム

    未分類

    手荒れケアに欠かせない上質なハンドクリーム おすすめ12選

    夏だからって気を抜いていませんか?手肌のケア。汗をかきやすい夏…

  2. 未分類

    実はとっても高性能!UNIQLOのアイテムを使ったおすすめコーデ10選

    今や知らない人がいないほどの有名ブランド「UNIQLO」。「安…

  3. mens-uniqlo-chestercourt-coordinate-000

    未分類

    【必見】UNIQLO(ユニクロ) のメンズチェスターコートコーデ12選

    メンズのセンスをグッと上げてくれる、そんなオシャレ…

  4. ballpointpen-howto-resurrection-000

    未分類

    インクが切れたボールペンを復活させる!原因とお手軽方法

    生活の必需品であるボールペン。すべての人が…

  5. amazon-item-0806-0812-2017-000

    未分類

    【メンズ】Amazon人気アイテム10選「2/6火〜2/12月」2018年、アマゾン

    Amazon(アマゾン)のメンズ商品最新情報をお届け!2018年「…

  6. 未分類

    【オシャレに差をつける!】緑シャツ(無地・チェック)のおすすめメンズコーデ10選

    派手にしたくないけど程よくコーディネートにアクセン…

オススメ記事

  1. white-tshirts

最近の記事

  1. gu-item-0806-0812-2017-000
  2. uniqlo-item-0806-0812-2017-000
  3. zozotown-item-0806-0812-2017-000
  4. shoplist-item-0806-0812-2017-000
  5. amazon-item-0806-0812-2017-000
  1. ハンドクリーム

    未分類

    手荒れケアに欠かせない上質なハンドクリーム おすすめ12選
  2. 未分類

    【上手に着ないと大惨事】パジャマシャツ着こなしの3ポイント&おすすめコ…
  3. candle

    未分類

    【至福の時間】疲れた体を癒す上質なアロマキャンドルおすすめ15選
  4. mens-uniqlo-chestercourt-coordinate-000

    未分類

    【必見】UNIQLO(ユニクロ) のメンズチェスターコートコーデ12選
  5. 未分類

    【メンズ】オペラシューズのおすすめコーデ&人気ブランド7選
PAGE TOP