未分類

ビジネスシーンにも!ワンランク上のハイセンスなスニーカーブランド25選

Pocket

スニーカーってたくさんありますよね。

有名どころのコンバース、バンズ、ニューバランス…、このあたりはどなたでも馴染み深いブランドですよね。

深掘りすれば面白いのですが、もう見飽きたよって方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はワンランク上のスニーカーたちをご紹介!

カジュアルシーンはもちろん、ビジネスシーンでも活躍してくれるアイテムが揃っています。

ハイセンスなスニーカーをサラッと履いて、周りと差をつけちゃいましょう!

adidas by RAF SIMONS(アディダス バイ ラフシモンズ)

出典:http://urx.mobi/FAxg

テーラーリングとストリートを融合させたコレクションによりモード界を牽引するラフシモンズ。

音楽やユースカルチャーをベースとし、近年ではポップアートの影響を受けたグラフィックやコラージュを用いたプリントを取り入れたコレクションが絶大な支持を集めています。

そんなラフシモンズが説明不要のスポーツブランドadidasとコラボレーション。

定番のスタンスミスとのコラボレーションは随時アップデートされています。

サイドに入るボア素材のブランドイニシャルの「R」と「S」のモチーフがストリートな雰囲気を演出。コーディネートのアクセントに最適な1足です。

BEYENE(ベイエン)

出典:http://urx.mobi/FAxk

スウェーデン、ストックホルムのシューズブランドであるベイエンから、ミニマルな北欧デザインに素材と作りのよさが光る1足を。

職人の手作業で作られるスニーカーは、北欧のデザインと素材の上質さが感じられる仕上がりに。

そして特筆すべきはその着用感。

レザーライニングによる足あたりのよさ、返りのよいソールにより歩行を快適にサポートします。

高級感のあるオールレザーアッパーにより、ジャケットスタイルに合わせてもカジュアルになりすぎず適度に抜け感のあるコーディネートが完成します。

COMMON PROJECTS(コモン プロジェクツ)

出典:http://zozo.jp/shop/estnation/goods/22804667/?did=42714221

NY在住のアートディレクターPrathan Poopatと、イタリア在住のクリエイティブディレクターFlavio Girolamiによるコラボレーションブランドです。

2人がもつグラフィクデザインのバックグラウンドを結合させ、2004年冬にブランドスタート。

日常の中で目にとまった物をインスピレーションとしており、ミニマルをテーマに実用的かつラグジュアリーなフットウェアを展開しています。

上質なマテリアルと、完成度の高いプロセスで生み出される全てのフットウェアにはシリアルナンバーが施されているのも特徴です。

こだわり抜かれた大人の一足です。

PIERRE HARDY(ピエール アルディ)

出典:http://urx.mobi/FAxn

フランスのシューズブランド。

デザイナーはブランド名にもなっているピエールアルディ。(ピアハーディとも発音されることも)

自身のブランドを立ち上げる以前は、さまざまな高級ブランドで靴をデザインしていた経歴を持ちます。

1988年にはクリスチャン・ディオールで靴のデザインに携わり、その後はエルメスのメンズ、レディースシューズのデザインを経験。

その他、Ecole Superieur des Arts Appliquesにては教鞭をとり、「Young Designers International Festival in Hyeres」ではアートディレクターを経験するなど幅広く活動しています。

ハイブランドのシューズデザインを行ってきた実績、完成を存分に楽しめるアイテムです。

MAISON MARGIELA(メゾン マルジェラ)

出典:http://urx.mobi/FAxq

フランスを拠点とするファッションブランドです。

スポーティーカジュアルからデザイナーズまで幅広く対応するスニーカー。

衣服の再構築・再定義、ショーのスタイルなどコンセプチュアルな手法は、多くの人々に影響を与え、ファッションの歴史に最も大きな影響を与えたメゾンの1つと言われています。

シンプルながらもこだわり抜かれたディテール、静かながらも反骨精神溢れるデザインが特徴です。

inov-8(イノヴェイト)

出典:http://zozo.jp/shop/beaver/goods/7141196/?did=19559582

2003年、Wayne Edyが英国のオフロードシューズ市場をターゲットに、同ブランドによる事業を開始。

2004年には米国でも事業を開始し、現在では、各国のディストリビューターを通じて、約60カ国でグローバルな展開が行われています。

展開カテゴリーについても、ブランドの起源となるトレイルランニングから、現在はトレッキング、フィットネス、ロードでのランニングシューズまで拡大しており、また、シューズ以外でもトレイルランニングを意識したバックパックなどのエキップメント商材も。

乾いたトレイルから濡れた岩場、ぬかるんだ草地まで様々なサーフェスで使用でき、GORE-TEX内装の汎用性の高いモデルであるスニーカーがおすすめです。

BARONS PAPILLOM(バロン パピヨム)

出典:http://zozo.jp/shop/zozoviant/goods/13796575/?did=30366293

Barons Papillom は2013年にデビューしたパリのスニーカーブランド。

デザイナーのEric Lemaitreは世界中で幅広い層に長年支持されているReebok社で13年、その後、Lacoste社で靴のディレクターとして活躍。

その後に同ブランドを立ち上げています。

特徴は、バスケットシューズをデザインベースとし、土踏まずの部分に柔らかいクッションを配置している最高レベルの履き心地。

また、Scratchシステム(踵部分のマジックテープデザイン)は、機能的かつデザイン性に富んでいます。

更には、消臭芳香効果のあるハーブのインソールを使用しているなど細部にまでこだわりが見られるスニーカーです。

STONE ISLAND(ストーンアイランド)

出典:http://urx.mobi/FAxu

イタリアのファッションブランドで、グラフィックアーティストMassimo Ostiが設立時のデザイナーを努めました。

Massimo Ostiはミリタリーウェアに注目していたため、ヴィンテージのディテールや風合いを施したアイテムを作り出しました。

様々な企業とタッグを組み、アイテムを展開した後、Massimo Ostiに代わるデザイナーとして、イギリス人のPaul Harveyを起用しています。

無骨な中に上品さが光るデザインはそのままに、大人の男性にこそよく似合うアイテムが楽しめます。

FILLING PIECES(フィリング ピース)

出典:http://store.united-arrows.co.jp/shop/uasons/goodssale.html?gid=15873177

ヨーロッパを中心に絶大な人気を誇るアムステルダム発のハイエンドストリートシューズブランド。

職人技で仕上げられる独自開発のマテリアル、加工技術は他のブランドには真似の出来ないこだわりを見せています。

異素材使いのコントラストが映えるシンプルなデザイン、程よいボリューム感がスタイリングのアクセントに活躍する1足です。

VALENTINO GARAVANI(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)

出典:http://urx.mobi/FAxy

1960年にローマで設立した老舗ラグジュアリーブランドヴァレンティノ ガラヴァーニ。

デザインは2016年よりピエールパオロ・ピッチョーリが担当しています。

伝統の優雅なスタイルにモダンな要素を融和させる斬新なデザインアプローチが魅力的。

定番のローテクスニーカーは、シューレースの通し方やヒールのスタッズモチーフがポイントに。

ありそうでなかったデザインがコーディネートを華やかに演出してくれます。

REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)

出典:http://urx.mobi/FAxz

見つけ出す(FOUND)、再現する(REPRODUCTION)をコンセプトにスタートしたブランド。

1950年代~1970年代にかけて数多くの軍用トレーニングシューズを生産していたスロバキアのファクトリーで、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで生産されています。

ロゴやタグには品名、国名、年代を記載しデザインソースを明かしているのもポイント。

ミリタリーアイテムを中心に時代を超えた普遍的なアイテムを見つけ出し、現代的に再現させてリリースしています。

現代的なエッセンスをプラスした本物のミリタリースニーカーを楽しめます。

Hender Scheme(エンダースキーマ)

出典:http://store.1ldkshop.com/index.php?dispatch=products.view&product_id=1538

HenderSchemeでは、社会的性差(gender)の分野に属するデザインにおいて、男女の性差にとらわれずgenderを超えて自由にデザインすることをコンセプトにしています。

アッパー部分はカウレザーをベースに、切り替えしでゴートレザーを使用し、表現豊かな仕上がりに。

ミッドソールには軽量でクッション性にも優れたEVAソールを採用。

Nikeやadidas、NewBalanceなど、定番スニーカーをデザインソースとしたモデルも特徴です。

GIANVITO ROSSI(ジャンヴィト ロッシ)

出典:http://urx.mobi/FAxB

世界に誇るイタリアンシューズブランド、SERGIO ROSSIの創立者セルジオ・ロッシ氏の息子が手掛ける注目のシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ」。

エレガントなデザインとはきやすさを両立した仕上がり。

シンプルな表情の中に確かな上品さが垣間見えるスニーカーが揃います。

LOEWE(ロエべ)

出典:http://urx.mobi/FAxC

大人のラグジュアリーストリートスタイルに最適な一束。

素材を厳選し、熟練の職人技術により生み出されるロエベのスニーカー。

クリエイティブディレクターにジョナサン・アンダーソン氏を迎え、伝統を基盤に革新的な進化を遂げています。

ガムソールがストリートテイストを感じさせ、スムースレザー×スエードのコンビネーションが足元にアクセントを添えてくれます。

SPECTUSSHOECO.(スペクタスシューコー)

出典:http://urx.mobi/FAxD

「革靴でもなくスニーカーでもない、全く新しいデザインと履き心地」というコンセプトのSPECTUS SHOE Co.。

デザイナー竹ヶ原敏之介により、高度な職人技術と人間工学を元に完成されたラストを創出、Boaクロージャーシステムを採用することで抜群の着脱性とフィッティングを可能に。

しっかりとしたソールが足への衝撃を抑え、快適な履き心地を実現。

さらにアッパーメインマテリアルには、汚れや水に対する耐性が強いCORDURA(コーデュラナイロン)by Dupon(デュポン)を使用。

様々な機能をミニマルなデザインに落としこんで作られ、細部までこだわりの詰まった1足です。

TAKAHIROMIYASHITA The Soloist.(タケヒロミヤシタ ザ ソロイスト)

出典:http://store.silver-and-gold.com/?pid=116323559

2010年、元ナンバーナインのデザイナー宮下貴裕が設立したブランド。

ブランド名にある「TheSoloist.」とは、洋服に携わる各個人が「独奏家」として孤高の精神を持ち合わせて欲しいというデザイナー宮下貴裕の願いであり、また再び洋服の世界へ戻ってきたという自分への不退転の決意の表れでもあります。

「作る人、着る人、全てがソロイスト。プライベートでリラックスした服をとことん作り込んだ。これこそ”宮下の服”。」と、モノを知り尽くした大人の為のリラックスウェアーを提案しています。

レザーシューズは「AUTHENTIC SHOE&Co.(オーセンティックシュー)」、ハットは「Coeur(クール)」、アクセサリーはジュエリーデザイナーCody Sanderson(コディ・サンダーソン)、 そして眼鏡は「OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)」など、それぞれの分野におけるベストパートナーとクリエイション。

スニーカーでは「UNDERCOVER(アンダーカバー)」、「adidas(アディダス)」とクリエイションしてます。

LANVIN(ランバン)

出典:http://urx.mobi/FAxE

フランス発のラグジュアリーブランド。

毎シーズン、パリコレクションのハイライトとして取り上げられ、トレンドセッターとしての地位を確立しています。

ルカ・オッセンドライバーが手掛けるメンズコレクションでは、ラックスシルエットをはじめユニークなシルエットを提案し、他ブランドにも大きな影響を与え続けています。

ORPHIC(オルフィック)

出典:http://www.orphicshop.com/product/104

2011年にスタートした日本のシューズブランド。

デザイナー Takayoshi Shirakawaにより手がけられています。

ブランドコンセプトは「On the Asphalt, the Forest, and the Carpet.(アスファルト、森林、そしてカーペットの上まで。)」。レザーシューズとスニーカーをハイブリッドしたデザインが特徴です。

長時間使用しても疲れづらく、履き心地が良く、シーンを選ばないニュートラルなシューズ作りを目標にしています。

ドレスの外しからカジュアルまで、様々なシーンに対応できるモデルが多数揃っています。

GOLDEN GOOSE(ゴールデングース)

出典:http://urx.mobi/FAxH

ヴェネチアの職人によるヴィンテージ加工が秀逸なスニーカー。

ダメージ感のあるアクセント、ヴィンテージ風のカラーパレットで仕上げたブランド。

洗練されたシルエットのストリートスタイルにヒントを得た、エッジの効いたデザインが特徴です。

職人による、履き込んだようなヴィンテージ加工を至るところまで丹念にほどこしているのもポイント。

シンプルなカラーリングだからこそ、よりヴィンテージ感が映えますね。

ZDA(ゼットディーエー)

出典:http://coverchord.com/eshop/items/VZDA-F2701016/index_en.html

1950年~1960年代、まだチェコスロバキアだった時代のパルチザンスケという小さな町で生産されていたシューズブランドのZDA。

そのファクトリーに協力を仰ぎZDAは2016SSシーズンより復活することができました。

当時のソールや型、そして製造していた機械が現存していたことが今回の復活の大きなきっかけとなりました。

当時の機械を用いて、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで生産されています。

PALM ANGELS(パームエンジェルス)

出典:http://urx.mobi/FAxI

アッパーの刺繍が足元で存在感を演出。

フォトグラファーでありモンクレールのアートディレクターでもあるフランチェスコ・ラガッツィが手がけるブランド。

LAのベニスビーチやマンハッタンビーチのスケーターをインスピレーション源とするコレクションは、ラグジュアリーでありながらもストリートの要素が満載です。

SPALWART(スパルウォート)

出典:http://urx.mobi/FAxK

1950年代頃、スロバキアには多くの軍用トレーニングシューズを生産する工場がありましたがほとんどの工場が閉鎖してしまいました。

その閉鎖した工場を再稼働させ、当時の製造機械を使用することで、当時と同じ製造工程でシューズを作っています。

ボリューム感のあるトゥが特徴的で、クラシカルでありながらも、モダンでスタイリッシュなデザイン。

ライニングにはメッシュをあしらい、ソールにはラバーを使用しています。

On(オン)

出典:https://shop.bestpackingstore.com/on-cloud-sneaker-black-white/

3度ワールドデュアスロンのチャンピオンに輝き、何度もアイアンマンレースで勝利を収めた後、オリヴィエ・ベルンハルドは、完璧なランニング体験をもたらしてくれるランニングシューズを開発することに没頭しました。

幾度となく試作品が作製されましたが、「ソフトな着地とパワフルな蹴り出し」という基本のコンセプトは変わりませんでした。

スイスの最新テクノロジーを余すところなく備えたシューズを開発するため、2010年1月チューリッヒでOnを設立しました。

その後、2月には、スポーツ分野におけるイノベーションに対して与えられる賞として、最高の栄誉の一つであるISPOブランニューアワードを受賞。

ゼロ・グラヴィティ・ランニング、ゼロ・グラヴィティ・フォームによるCloudTec®システムを採用し、極めて高いクッション性を備えた世界で最も軽量なランニングシューズ。

信じられないほど軽量なシューズから生み出されるソフトな着地と、爆発的な蹴り出しが魅力。

最大のクッション性を発揮するミニマルシューズです。

Y-3(ワイスリー)

出典:http://coverchord.com/eshop/items/VY3-F2601019/index_en.html

「Y-3」(ワイスリー)の「Y」は山本耀司、「3」はadidasを象徴する3本線(スリーストライプス)を表しています。

adidasのスポーツの専門的な技術・機能と山本耀司のデザインが融合したスポーツファッションブランド「Y-3」のコレクションは、メンズ/ウィメンズウエア、フットウエア、バッグをはじめとしたアクセサリーで構成されています。

ストリートとモードの融合が存分に楽しめる、ハイエンドなスニーカーです。

STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)

出典:http://urx.mobi/FAxL

スポーツにもモードにも合わせられるシンプルなデザインが魅力的。

シャープなテーラリングにフェミニンを融合させたスタイルが人気ブランドです。

動物愛護の観点から、レザー、ファーはすべてフェイクの素材を使用しています。

2017年春夏シーズンからメンズコレクションがスタートしました。

まとめ

いかがでしたか?

ワンランク上のハイセンスなスニーカーをご紹介してきました。

ぜひ普段のコーデにプラスして楽しんでみてくださいね。

 

Pocket

ピックアップ記事

  1. 【メンズ】オペラシューズのおすすめコーデ&人気ブランド7選
  2. 激安で手に入るコンバースのおすすめスニーカー11選!
  3. アロハシャツ完全ガイド!30コーデと厳選7ブランド徹底紹介!
  4. 手荒れケアに欠かせない上質なハンドクリーム おすすめ12選
  5. 【必見】UNIQLO(ユニクロ) のメンズチェスターコートコーデ12選

関連記事

  1. 未分類

    今アツい!サイドラインパンツのおすすめメンズコーデ20選!

    今期大流行のサイドラインパンツ。スポーティーな雰囲気ながらも上…

  2. 未分類

    オシャレメンズは着こなしている!オススメ赤パーカーコーデ11選

    おしゃれなコーデを作るテクニックは数あれど、その中…

  3. 未分類

    ベージュシャツで大人っぽく魅せる!オススメのメンズコーデ10選

    数あるメンズシャツの中でも、上品さと落ち着きを感じ…

  4. white-turtleneck-sweater-coordinate-000

    未分類

    白タートルネックコーデで魅せる!メンズオススメ着こなし15選

    秋冬のトレンドアイテムとして活躍するのがニットアイテム。上品な…

  5. 未分類

    ここから選べば間違いなし!オススメのリュック/バックパックブランド40選!

    今やファッションのマストアイテムであるリュック。ですがなかなか…

  6. ballpointpen-howto-resurrection-000

    未分類

    インクが切れたボールペンを復活させる!原因とお手軽方法

    生活の必需品であるボールペン。すべての人が…

オススメ記事

  1. white-tshirts

最近の記事

  1. yaeca
  1. 未分類

    1万円台で買える!コスパ最強のローファーおすすめ10選
  2. 未分類

    アロハシャツ完全ガイド!30コーデと厳選7ブランド徹底紹介!
  3. mens-uniqlo-chestercourt-coordinate-000

    未分類

    【必見】UNIQLO(ユニクロ) のメンズチェスターコートコーデ12選
  4. ハンドクリーム

    未分類

    手荒れケアに欠かせない上質なハンドクリーム おすすめ12選
  5. 未分類

    【上手に着ないと大惨事】パジャマシャツ着こなしの3ポイント&おすすめコ…
PAGE TOP